Seamaster 150m/500ft(シーマスター 150m)

メーカー:OMEGA

メーカー名
OMEGA
モデル名
Seamaster 150m/500ft(シーマスター 150m)
型番
2518.30.00
ムーブメントの種類
クォーツ(カレンダー)
対象性別
メンズ
修理費用
¥48,400【税込】
修理期間
3週間
修理ご依頼前のお悩み
電池交換しても一年ほどで止まるようになった・側のキズが多いので消したい
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ・パッキン交換

オメガ シーマスターの修理のポイント

オメガのシーマスターをお修理させていただきました。

1.早く止まってしまう原因

一般的な電池式時計(クォーツ式時計)は通常は約2年ほど動作しますが今回のお時計は約1年ほどしか動作しておりませんでした。
原因としては内部の油が劣化し歯車の動きが悪くなってしまっていたことでした。
回路などに異常はありませんでしたので今回はオーバーホール・パッキン交換のみでご対応させていただきました。

2.オーバーホール

ムーブメントを分解・洗浄し、パーツに異常がないことを確認しながら組み上げていきます。

各部に注油をしながらムーブメントを組み立てます。
組み立てが終了したらクォーツテスターと呼ばれる測定機にセットし、測定をします。
機械式のお時計とは違い、近年のクォーツのお時計は精度の調整の工程がありませんのでここでは回路の消費電流や、コイルの抵抗値、歩度(月差)、停止電圧等を測定しています。

ムーブメントの測定が完了したら低温・高温テストを行い、最後まで問題が無ければお客様へご納品となります。

3.外装研磨

今回のケースは全体的に「ヘアライン」という模様のついた研磨が施されています。

ベルト・ケース部ともに全体的に小傷が多くみられます。
深い打痕等はありませんでしたので一度鏡面研磨後、キズを均してから再度ヘアラインをかけていきます。

長年のご使用により部分的に若干艶がかっている箇所があった正面側は仕上げをすることにより、均一なヘアラインが入り引き締まった印象を取り戻しました。

ケースサイド部は特に目立つキズはありませんでしたが、仕上をすることでヘアライン部と鏡面部分の境界がはっきりと分かれ、新品時のような仕上がりとなりました。

特に小傷の目立っていたブレスレット部も一度鏡面研磨でキズを均した後、ヘアラインを入れ直しました。

ウラブタ部分のような刻印が彫られている部分や、鏡面と砂地が混同しているような箇所も仕上直しが可能です。

まとめ

今回は、クォーツ式のお時計をオーバーホールさせていただきました。
クォーツ式のお時計は回路が使用されており、この回路の状態が悪いと交換が必要となりパーツ代もかなり高価となってしまうのですが今回は
以上が無くパーツ交換せずオーバーホールのみでのご対応が可能でした。

弊社ではクォーツ式時計のお修理も大歓迎です。
オメガのお修理をご検討中でしたら是非ケイズファクトリーまで。

Contact

お問合せ
腕時計のオーバーホールなどのメンテナンスでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください

その他の修理実績

修理費用
¥28,600【税込】
修理内容
オーバーホール・外装洗浄(ケース)・電池交換・絶縁シート(電池下)交換
修理期間
3週間
Glashuette-ORIGINAL
修理費用
¥78,100【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ・月齢早送りレバーネジ製作
修理期間
4週間
OMEGA
修理費用
¥42,900【税込】
修理内容
オーバーホール
修理期間
4週間
修理費用
¥94,600【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ
修理期間
4週間
さらに詳しく知りたい方へ

気になるポイントを詳しく解説します

オメガの時計
時計の写真を送るだけ!
修理の簡易お見積りはこちらから