アルティプラノ

メーカー:PIAGET

メーカー名
PIAGET
モデル名
アルティプラノ
型番
P10865
ムーブメントの種類
自動巻き(マイクロローター・薄型)
対象性別
メンズ
修理費用
¥90,200【税込】
修理期間
4週間
修理ご依頼前のお悩み
ゼンマイを巻いても動かなくなってしまった。ケースの研磨も依頼したい
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ・ロジウムメッキ

ピアジェ・アルティプラノの修理のポイント

ピアジェの薄型モデル「アルティプラノ」の修理事例をご紹介いたします。

1.不具合の原因

時計が動かなくなってしまったのは、内部の油状態不良が原因でした。
パーツに破損は見られませんでしたのでオーバーホールにてご対応させていただきました。

2.オーバーホール

今回のお時計は薄型に加え、スケルトンのモデルになっていて非常に繊細な作りの為パーツやネジが歪んでしまわないよう細心の注意を払い分解をします。
歯車等に破損は見られなかった為通常通り、分解洗浄、注油組み立てを行い精度調整をします。
調整後、ランニングテストを行い動作に問題が無ければお客様へご納品となります。

3.外装仕上げ・ロジウムメッキ

こちらの時計はケース素材がホワイトゴールドでできている為、研磨をするだけだと時間の経過に連れて色が黄色く変色してしまいます。
そのため外装を研磨した後に、あまり変色や酸化が起こらないロジウムメッキという貴金属によく使われているメッキを施します。
全体的に非常にシンプルな形状ではありますが、薄型のモデルの為全体的に細く、薄く作られている為研磨をしすぎてしまうと、形状が変わり違和感が出やすくなってしまうので全体のバランスを見ながら慎重に研磨をしていきます。
研磨後、脱脂・ロジウムメッキをします。
メッキは約0.2μmと、とても薄くできている為、下地のキズが残っている状態でメッキを行うと下地のキズが消えずに浮き出てしまいます。
そのため下地の時点でキズを残さないように研磨をする必要があります。

全体的に深いキズや、打痕は見受けられなかった為研磨のみでキズ消しを行うことが出来ました。
ウラブタや尾錠のように刻印が打たれている箇所も、刻印部にしっかりとマスキング(保護)を行うことで形を崩すことなく研磨が可能です。

まとめ

今回のような薄型のモデルは基本的にマニュファクチュール(完全自社生産)のムーブメントが搭載されていることが多く、
オーバーホール自体も断られてしまうことがあります。
弊社では経験を積んだ技術者が在籍している為、こういったモデルのお修理も喜んでお受けさせていただきます。

腕時計のお修理をご検討のお客様は是非、ケイズファクトリーの宅配修理をご利用くださいませ。

Contact

お問合せ
腕時計のオーバーホールなどのメンテナンスでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください

その他の修理実績

修理費用
¥72,600【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ(研磨)・パッキン
修理期間
4週間
修理費用
¥90,200【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ・ロジウムメッキ
修理期間
4週間
修理費用
¥26,400【税込】
修理内容
外装仕上げ・点検
修理期間
3週間
修理費用
¥28,600【税込】
修理内容
オーバーホール・外装洗浄(ケース)・電池交換・絶縁シート(電池下)交換
修理期間
3週間
Glashuette-ORIGINAL
修理費用
¥78,100【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ・月齢早送りレバーネジ製作
修理期間
4週間
さらに詳しく知りたい方へ

気になるポイントを詳しく解説します

オメガの時計
時計の写真を送るだけ!
修理の簡易お見積りはこちらから