オイスター パーペチュアル デイト

メーカー:ROLEX

メーカー名
ROLEX
モデル名
オイスター パーペチュアル デイト
型番
6517
ムーブメントの種類
自動巻き(カレンダー)
対象性別
レディース
修理費用
¥44,550【税込】
修理期間
4週間
修理ご依頼前のお悩み
時計が1日程で止まるようになった 遅れるようになった
修理内容
オーバーホール・ゼンマイ交換・パッキン交換・ローター真交換

ROLEXオイスターパーペチュアルデイト、修理のポイント紹介

アンティークROLEXのレディースモデルをお修理いたしました。

1.時計が早く止まってしまう原因

このお時計は自動巻き機構が搭載されており、「ローター」と呼ばれる回転垂が腕の動きによって回ることでゼンマイが巻上げられるような仕組みとなっています。
しかし、その回転垂の軸となっている部分「ローター真」が摩耗してしまいローターがうまく回らずゼンマイの巻上げが不十分となったため通常よりも早く止まってしまうような状態となっておりました。
また、ローター真が摩耗してしまう原因として油が劣化した状態で長期間使用してしまった可能性が考えられます。
このモデルは、ローター真のみの交換が可能なタイプでしたので今回は真のみ新しいものに交換し対応いたしました。

2.遅れの原因

遅れの原因は機械内部の油状態が劣化してしまったことと削れてしまったローター真の微細な金属粉が歯車に噛んでいたことが主な原因でした。
幸い、他の箇所の大きな摩耗は見られず現状のまま利用可能でしたので歯車類を交換することなく修理が出来ました。
ただ、ゼンマイのトルクがやや弱い状態でしたので新しく交換し分解掃除を致しました。

3.分解掃除・注油

原因の特定ができましたので各パーツをばらしていきバスケットに入れ洗浄機にかけます。
腕時計のパーツ洗浄専用に作られた洗浄機ですので古くなった油を完全に落としきることが可能です。

洗浄後、機械を組み立てながらそれぞれの箇所に用途に合った油を選定し注油していきます。

パーツを組み上げ機械が完成したらテスターにセットし、精度の調整を行います。
その後、1週間~の期間ランニングテストをし問題が無いことを確認しお客様へ納品いたしました。

まとめ

今回のお時計はロレックスの中でも4桁ナンバーのアンティークモデルだったこともあり、ローター真が著しく摩耗してしまっていましたがその部分の交換のみで無事に修理を終えることが出来ました。
ただ、自動巻きのお時計はお客様の着用時の運動量などでも巻上げ量が変わってしまいあまり運動をしない状態だと1日前後で止まってしまうこともあります。そのためご使用前にリューズを操作し、手動でもゼンマイを多少巻いていただいた後着用いただくようにお客様にお伝えさせていただきました。そうすることで精度も安定し、時計が正常な状態なのに早く止まってしまうといったことがなくなります。

弊社ではこのようにアンティークのモデルでも摩耗してしまった真等を交換しお修理をさせていただくことが可能です。
もし同じような症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

ロレックスのお修理をご検討中でしたら是非ケイズファクトリーにお任せください。

Contact

お問合せ
腕時計のオーバーホールなどのメンテナンスでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください

その他の修理実績

修理費用
¥77,000【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ
修理期間
4週間
Jaeger-LeCoultre
修理費用
¥62,700【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ(研磨)
修理期間
4週間
修理費用
¥72,600【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ(研磨)・パッキン
修理期間
4週間
修理費用
¥90,200【税込】
修理内容
オーバーホール・外装仕上げ・ロジウムメッキ
修理期間
4週間
修理費用
¥26,400【税込】
修理内容
外装仕上げ・点検
修理期間
3週間
さらに詳しく知りたい方へ

気になるポイントを詳しく解説します

オメガの時計
時計の写真を送るだけ!
修理の簡易お見積りはこちらから